Z-KEN's Waste Dump

きかんしゃトーマスオタクによる雑談

きかんしゃトーマス 第14~16シーズンレビュー 18

※あくまで個人の意見です。

 

※ネタバレ注意

 

 

S15 E9 「ヘンリーのとくべつなせきたん」 (Henry's Happy Coal)

脚本:Sharon Miller

内容:ハリーとバートに贅沢な機関車だとからかわれたくないヘンリーは特別な石炭を使わずに大切なお客さんを島へ案内する。

【高評価】

・炭水車からのアングルがダイナミックで素敵。

・さりげなくギャグシーンがあり、クスッとできる。

・子供向けとしてはいい回だと思う。

・ヘンリー「誰が特別かなんて関係ない。助け合わなくちゃね」

 

【低評価】

・罐はもう直ってる筈では。

・ハリーとバート仕事しろ。

・本来、特別な石炭を使わない場合、黒煙を上げたり車体をガタつかせたりはしないはず…。

 

【その他】

・特別な石炭が主要の回。但しどこ産の石炭かは明かされていない。

・トーマス「堂々と走ってね、ヘンリー!」

・ソドー整備工場の外側にはヘンリーの特別な石炭が入ったホッパーがあることが分かる。

・ハリーとバート「本当に贅沢してるよなぁww」

・ハリーとバートの言葉に困惑する弱気なヘンリー。

・ヘンリー「あぁもう、本当に…どうしよう…!」がやけに色っぽい。

・特別な石炭を使わずに走ってしまうヘンリー。

・バート「これはこれは特別な機関車様だw」

・ハリーとバートに対して怒るビクター。

・もういい、無理をするなヘンリー!(´;ω;`)

・黒煙を上げ、車体をガタつかせながら走るヘンリー。

・怒りはせず、心配をするハット卿。

・石炭調査官「そう、それでいいのです!」

・さりげなく事故を起こすケビン。

・自業自得により動けなくなってしまうハリーとバート。それを押していく優しいヘンリー。

 

総合評価:9/10

 

 

S15 E12 「スペンサーとふかいきり」 (Spencer the Grand)

脚本:Jessica Sandys Clarke

内容:島全体が深い霧に覆われたため、機関庫で待機することになった機関車たち。そんな中スペンサーはこんな状態でも別荘に辿り着けると言い張り、出発してしまう。

【高評価】

・霧に覆われる港や丘、城などのビジュアルが何とも神秘的。

・終盤でものすごくかっこよくなるスペンサー。

 

【低評価】

・どんだけ深い霧やねん。

・ティドマス機関庫に戻ってきてしまったスペンサーを誰も侮蔑しないところに違和感。

 

【その他】

・スペンサー主役回。

・ティドマス機関庫で待機することになったスペンサー。

ミスティアイランド並みに深い霧に覆われるソドー島。

・ティドマス機関庫を自分にはふさわしくないと侮辱するスペンサー。

・自信過剰なスペンサー。

・深い霧へと進んでいくスペンサーを誰も止めない機関車達。

・霧のせいで石切り場の岩山を別荘と、ウィフのゴミ処理場の処理庫を停車駅と、ティドマス機関庫を別荘の大きな窓と見間違えてしまうスペンサー。

・メイビスの警笛が14シーズンのディーゼルの警笛に変更される。

・ウィフの声(日本語版)がさらに低くなる(おそらくケビンとの区別をつける為、もしくは原語版に近づけている為(?))

・霧の中からひょっこり顔を出すウィフ可愛いいいいいいっ(自重

・珍しく自らパーシーの救助に向かう綺麗なスペンサー。

・スペンサー同様霧の中で迷子になってしまったパーシー。

・珍しく皆から受け入れられるスペンサー。

・ナレーターに"いつもは頑固な"と言われてしまうスペンサー。

 

総合評価:8/10

 

 

その他、補足

・今回のキャラクター紹介はメイビス。

・石炭調査官のCVは金光宣明さん。

 

 

沢山のワケ有で2ヶ月間再放送祭りでしたが、いよいよ今日からまだ放送されてない分がスタートしました。優しいヘンリー回とカッコイイスペンサー回でしたね。

今回、ウィフがちょぴっとだけでていましたが、僕はこれだけでも満足です。14シーズンよりもさらに声が低く、ハスキーボイスになっていてかっこよかったです。21日の「トーマスとゴミのかしゃ」というお話ではウィフが大活躍するので、その辺も楽しみです。

 

さて、来週のお話は海外で最も人気の高い、「トーマスとバーティー」と「くっついたトーマス」の2本です。1本目ではバーティーがミスティアイランドに連れて行かれ、ぐらぐら橋に取り残されてしまいます。その救出劇も見どころです。

2本目ではなんと、今までわき役だったブッチが主役となってトーマスと共に活躍!何という事でしょう。彼のクレーンに強力な電磁石が取り付けられます。ブッチがそのマグネットを使って救助に向かうというお話です。彼らの活躍を見逃すなっ!

では。