読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Z-KEN's Waste Dump

きかんしゃトーマスのレビューとかやってます

きかんしゃトーマス 第17シーズンレビュー 1

※この記事にはネタバレが含まれています。

 

 

f:id:zeluigi_k:20130603081617j:plain

S17 E01 「Kevin's Cranky Friend」(ケビンとクランキー)

脚本:リー・プレスマン

あらすじ:仕事が増え、遅れが出ているにもかかわらず、クランキーはケビンの手伝いを拒否し続ける

【高評価点】

・クランキーのかなり不注意な所や、ケビンを見下す口調に懐古感。

・心温まるエンド。

 

【低評価点】

・海水の描写がいまいち…。なんか油っぽく見える。

 

【その他、面白かった点や小ネタなど】

・冒頭のBGMがまさに港っぽい。

・クランキーの向きが逆(梯子が線路側ではなく、海側になっている)。

・ヘンリーとジェームスの汽笛の音が逆になっている。

・クランキーが落としたキャベツをキャッチするハット卿。

・そのキャベツに躓く作業員。

・ちゃんとキャベツを片付ける作業員。

・ソルティーがまるで長老キャラ。

・ケビンの鼻にカニ。ここは素で噴き出しました。

・お話が終わるまでワカメをつけながら歌い続けるケビン。

f:id:zeluigi_k:20130603081614j:plain

 キャベツを持つハットちゃん

f:id:zeluigi_k:20130603081612j:plain

 ソルティーとニワトリのご対面

 

【感想】

UKにて第17シーズン(S17)の放送が遂にスタートしました。とはいえこの話は今初めて見たわけではなく、USで4月9日に発売されたDVD「Raliway Mischief」に収録されていたこの話を含む5話を既に観ておりました。

今シーズンからは製作体制が変わり、権利もマテルに買収され、CGがニトロゲン・スタジオ(監督:グレッグ・ティアナン)からアーク・プロダクション(監督:デヴィット・パース)に、ヘッドライターがシャロン・ミラーからアンドリュー・ブレナーにといろいろと変わったわけで。S5以来、鉄道顧問もスタッフに加わっているらしい。

アークのCGは車両が小刻みに上下に揺れるところや、煙の出方など、見た目的にも模型っぽさがあり、顔の動きもリアルで良いのですが、個人的にはやっぱりニトロゲンの方が好きかなー…。なーんかちがうんですわ。水の描写はきれいじゃないし、モブ人間の動きがぎこちなくて違和感。でもカメラワークは素晴らしい。

お話に関してはS9(8)~16のような同じことの繰り返し→失敗→反省して褒められる流れが無く、飽きが来ない内容になっている所がとても良い点。S6,7の尺を少し長くした感じで1話1話で満足できる。

ナレーターも英リバプール出身の俳優、マーク・モラガンに変更され、すっきりとしたナレーションで聴き心地も良い(個人的な意見です)。

これは小ネタなんですが、どの貨物列車にもブレーキ車が必ずついてるというのもすごく良い点だと思います。S15,16にもついてましたが、"すべての貨物列車にはついてなかった"んですよねぇ。長物車一台だけにもついてるんですもん。

 

さてさて、本題に入りましょう。S17第一回の主役はトーマスではなくケビンとクランキーでした。脇役や一話しか登場してなかったキャラクター等を優先にスポットライトを照らすアーク。こういうところも良い点。まさに脇役好きな僕にとっては最高です。個人的にはノーマンやキャプテンにも活躍していただきたいところ。

しかし今回のクランキーはやけに不注意(笑) こんなクランキーは何シーズンぶりでしょうか。S6の「ねむれないクランキー」以来でしょうかね。この不注意さのせいで遅れが出てしまい、トップハム・ハット卿はケビンを手伝いに向かわせることに。あいかわらずケビンは元気でビクターは冷静。はしゃぐケビンが可愛い。

ブレンダムの港についてテンションが上がるケビン。でもクランキーは「助けは必要ない」「隅でじっとしてろ」と断ってしまう。仕事も増え、よりきまり悪くなったクランキーは土管や鶏が入ったカゴ、そしてタルを落としたりしてしまうわけですが、純粋で優しいケビンは落とした土管も整え鶏も籠に戻してクランキーをサポート。ケビンってこんなに器用だっけ?

そして転がるタルも拾おうとするケビンだが…海にボチャーン!

…予想外でした。

まったく、ビクターと云いSWメンバー2台ともボチャンしてるぞw この次は誰が海に落ちるのかしら(

f:id:zeluigi_k:20130603081611j:plain

そんなケビンをクランキーが助けるわけですが。このツーショットいいね!!ニヒルなクランキーがまた良い。

そこへハット卿が。ケビンを遊んでいると勘違いしてSWに送り返そうとする。ケビン落ち込む。

その時、クランキーが「自分が悪かったんだ」と反省。ケビンに感心を持ち、ちゃんと名前も呼んであげると。んもう、素直じゃないんだからぁ~コノコノッ。 ハット卿の誤解も解かれてケビンを褒めます。

以降、クランキーとケビンは友達になり仲も良くなり、二台で楽しく港で働くのでした。ワカメつけながら「タッタララタッタ、タッタン!」(UK版では勿論違う歌を歌ってます)と終わるまで歌い続けるケビンに大笑いしましたw

うん、すごくいいお話でした。この回はお気に入りです。

 

f:id:zeluigi_k:20130603081615j:plain

↑そういえば、クランキーの前に分岐が追加されましたが、結局使われませんでしたね。

 

総合評価:8/10

 

 

次回はスクラフが主役の「Scruff's Makeover」。

S17は全26話。S9以来ですね(S10は全28話)。KOTRから登場する新キャラクターの主役回(5,9話)やダックが復活するエピソード(7話)もあるようなのでそちらも楽しみですね。

 

 

では。