Z-KEN's Waste Dump

きかんしゃトーマスオタクによる雑記

きかんしゃトーマス 第17シーズンレビュー 17

※この記事にはネタバレが含まれています

 

 

 

f:id:zeluigi_k:20140403031254j:plain

S17 E17  「The Frozen Turntable」 (こおりついたてんしゃだい)

脚本:アンドリュー・ブレナー

内容:転車台が凍りつき、皆は唯一入れる機関庫をパーシーに譲るが、ゴードンは自分の寝床だと主張する。

 

【高評価点】

・話の内容はともかく、この転車台が凍りつく件は実在する事故をもとにしていそう(真相不明)だし、クリストファー作の原作にありそう。

・CGシリーズで初めて機関庫の中が写る。

・後半あたりのS2っぽい雰囲気。

 

【低評価点】

・内容的に仕方ないが、序盤がワンパターンで、特に動きも無くて少しつまらない。しかし初期の雰囲気に近いと思う。

・転車台を修理する作業員たちの近くに照明や作業工具などを置いてほしかった。

 

【その他、面白かった点や小ネタ】

・今期2度目のゴードン失敗回。しかも脚本家も一緒。

・この回からエミリーの汽笛の音色が(比較的初登場時に近い音に)変更される。

・どこまでもペンキにこだわるジェームス。

・トーマスの後ろにいるはずのジェームスが消えているシーンがある(CGミス)。

・郵便配達から疲れて戻ってくるパーシーのために、一ヶ所しか入れない機関庫を譲ってあげる優しい仲間(ただしゴードンを除く)。

・今期でようやく台詞を発するエドワード。しかもこの話の中ではいい立場。

・寝場所を探しに行くスティームチームのシーンはCAEを彷彿とさせられる。

・レスキューセンターに泊まるジェームスとエミリー。ロッキーやベルは何処へ…?

・なぜかレスキューセンターの車庫にまで雪が積もっている(ふぶいた?)。

・ソドー整備工場に泊まるエドワードとヘンリー。こんなに広い場所なのに2か所しか寝る場所がないってどういうこと?

・工場で寝たがらないゴードンにウィフのゴミ処理場を勧めるビクター。わざとか?w

・各場所で寝たくないと猛反対するゴードン。そして呆れるトーマス。

・ランプをつけてないノーマン。

・初めて正式な台詞を与えられるノーマン。声優はキース・ウィッカム

ディーゼル整備工場の機関庫で一晩過ごすトーマス。いいのかそれで。

・転車台と機関庫の線路で微妙にズレがあるのにもかかわらず、何の事故もなく進むゴードン(CGミス?)。

・最終的にティッドマス機関庫で寝るゴードン。そのままお尻を突き出して入る。

・パーシーをゴミ処理場へ追いやるゴードン。サイテー。

・専用の機関庫を作ってもらおうかとまで考え始めるゴードン。

・作業員が氷を砕くおかげで寝られないゴードン。

・なかなか直らない転車台のせいで仕事に行けないゴードン。

・今更だけど雪に人の足跡が残らない(CGミス?)。

・久しぶりに急行を牽かせてもらえるジェームス。

・初めて郵便配達を任されるゴードン。

・今までで一番長い「Oh the indignity」

 

 

f:id:zeluigi_k:20140403031253j:plain

初めて正式な台詞を与えられるノーマン。 いつも感じ悪そうな彼だけど、蒸気機関車を受け入れてあげるということは、本当は優しい性格なのかも?

 

f:id:zeluigi_k:20140403031252j:plain

なんだかS2っぽいアングルに見えるのはぜるさんだけでしょうか?

 

 

【感想と考察】

 すっかりタイミングを失ってしまいましたが、ようやくレビュー再開。クリスマスに合わせる為放送順はバラバラでしたが、番組表によるとこの話が17話らしいので、こちらから先にレビューします。

 

 今期も冬エピが始まりました。S17の冬エピは全部で4話。

タイトルコールが流れてからすぐ異変に気づいて驚いたのがエミリーの汽笛。ヘンリーと混同しやすいあの汽笛から、勢いのある高い音色に変更されました。S7の汽笛に比較的近いけど、全然違いますね。

スティームチーム 機関車たちがティッドマス機関庫で休もうと集まってくると、なんと転車台が凍りついて回転ができない。これは今までにない新しい展開。こういうことも実話としてありそうですよね。

転車台が止まっている位置から動かないため、入れる機関庫はたったの一ヶ所。自己中なゴードンはそこが自分の寝床だと主張するが、夜中の郵便配達から戻ってくるパーシーに休める場所が必要だと踏んだトーマスはパーシーに譲ってあげようと主張。ゴードン以外全員は大賛成。なんて優しい仲間なんだ…ウルッ

そして僕は今期初めて台詞を発するエドワードに感動(大げさ)。やっとか。今期ではレギュラー陣であるはずのエドワードとトビーの出番が極端に少ないです。何故だろう。でもその代わり今期のエドワードは、ファンにはうれしい立場が多くなってます。今回もその一つ。下手に失敗しまくるよりは断然いいですね。

f:id:zeluigi_k:20140403031249j:plain

休む場所がないトーマス、ゴードン、エドワード、ジェームス、ヘンリー、エミリーは、ティッドマス機関庫から離れて別の寝場所を探し回る。なんだかCAE(『みんなあつまれ しゅっぱつしんこう』)を彷彿とさせられますね…。

その途中でフリンと出会う。トーマスが寝られる場所を探していると言うと、フリンはレスキューセンターに2か所だけあいてる場所があると答える。しかしゴードンは緊急事態の警報音が鳴るのが嫌という理由で却下。ジェームスとエミリーがそこで寝ることに。

…ってあれ?ベルとロッキーは何処で寝るの???

お次はソドー整備工場。トーマスがビクターに寝られる場所がないか尋ねると、ここで寝られる場所は2か所だけとアンサー。え?こんな広いのに? しかし我儘なゴードンは"整備工場にいると故障した気分になる"という理由で反対。そういえばニトロゲンの時もむっとした表情で整備工場にいることが多かったね。そんなゴードンにビクターは「ウィフのゴミ処理場にいい場所があるぞ」と勧める。嫌がらせかww そういえば『ゴードンとおおそうじ』でゴードンがゴミ処理場で働くようにと命令されたところをビクターも見ていたので、そこからゴミ処理場でも働けるというイメージでも定着したのだろうかw 勿論ゴードンは猛反対。結局、ヘンリーとエドワードがそこで寝ることに。

残ったのはトーマスとゴードン。ここで疑問が。トーマスはゴミ処理場に行くのを基本的に嫌がらないのに、なんでゴミ処理場で寝ようとしないの?

 

トーマスとゴードンがトボトボ走ってると、そこへなんと今までカメオ要員だったノーマンが。ようやく来ましたよ彼の正式な出番!私はこれを待ち望んでいた。

ディーゼル整備工場に1か所だけ寝られる場所があると答えるノーマン。しかししかしそのまたしかし、ゴードンはディーゼル機関車の油っぽい臭いが嫌いという、蒸気機関車ならではの理由でキャンセル。とうとうトーマスも呆れてしまう。結局DWで寝ることになったのはトーマス。彼はディーゼル機関車嫌いの設定があるけど、しぶとく探し回る元気がないためか、手段を択ばないのだろう。

 

一方ゴードンはもっといい場所があるはずだと島中を探し回る。島にはたくさんの機関庫があるはずだけど、ほとんどが満車状態なのかしら。貨物用の車庫は貨車嫌いのゴードンにとってはやはり嫌だろうか。眠気のせいかどんなに考えても寝られる場所が思いつかないゴードン。(ウルフステッド城は…?)。きっと転車台はもう直っているだろうとティッドマス機関庫に戻るが、転車台はあの時から全く動いてない。でも利己的なゴードンは、パーシーのためにみんなが取っておいた唯一の寝床で寝ようと、そのまま直進してお尻…じゃなくてテンダーを突き出して就寝。ところで…転車台と機関庫に続く線路が微妙にずれてるんだけどよく走れたね。

f:id:zeluigi_k:20140403031250j:plain

ゴードンが寝ついたころに郵便配達から戻ってきたパーシー。今にも眠ってしまいそうなパーシーをゴミ処理場に追いやるゴードン。いくらなんでもサイテーすぎるw でも、疲れていて喧嘩する気にもなれないパーシーはゴミ処理場へ。この苛立ちと疲れと眠気に満ち溢れるパーシーの顔が何となく好きですw

ティッドマス機関庫を初めて独り占めできて喜ぶゴードン。「俺様だけの専用機関庫を作ってもらうようお願いしてみようかな」とまで考え始める。ゴードンらしいといえばゴードンらしいけど…w あくびをして再び眠りにつこうとしたその時、ある音が鳴り響く。

それは作業員が氷を砕く音。カキンカキンと大きな音が鳴り響く。かわいそうなゴードン、おとなしく他の場所に行っておけばこんなうるさい音の中で一晩過ごすこともなかったろうに。ざまあ。

そしてあっという間に朝になり、結局一晩中眠ることができなかったゴードン。機関士が出発の準備をしていると、作業員が歓声を上げる。ようやく転車台が動いたのだ。しかし、それは一瞬の出来事。ゴードンは機関庫に閉じ込められることに。こう、一晩中動けないっていうのはS1『ゴードン、みぞにはまる』などを彷彿とさせられます。

転車台が直ったころにはもう夕暮れ。ゴードンの急行列車はジェームスに、ジェームスの旅客列車はパーシーに、そしてゴードンはパーシーの代わりに郵便配達をすることになり、ゴードン大ショック。ここで物語は終了。この後味の悪いオチもブレナーらしい終わり方ですねw

 

 

今回も鉄道だからこその話でしたね。そこはよかったと思いますし、クリストファー作の『汽車のえほん』に収録されていそうな話だなと思いました。鉄道顧問もかかわってますし、もしかしたら実話をもとにしてるんじゃないかなと思います。あと、別に面白いシーンがないわけではないけど、内容が内容だけに特にアクションもなく、ザ・シンプルな感じで少しつまらなさも感じました。

ぜるさん的にはウィフの出番もほしかったな…(

 

【日本語版について】

・ゴードン「俺はあんなゴミくさい場所でなんか寝ないからな!考えただけで不愉快だ、冗談じゃない!」

・ノーマンの声優は金光宣明。

・ゴードン「ああ~~~~~…まったく、なんてこった…」

 

 

 

総合評価:3/10

 

 

次回は「No Snow for Thomas」。また雪かきに関するお話です。

では。