Z-KEN's Waste Dump

きかんしゃトーマスオタクによる雑記

きかんしゃトーマス 第19シリーズレビュー第4回(※訂正版)

※この記事にはネタバレが含まれています。また記事の感想は個人的な意見です。

また、この記事は2015年に投稿したレビューを大幅修正した物です。

 

 

 

f:id:zeluigi_k:20150924124927j:plain

S19 E04『Henry Spots Trouble』『ヘンリーのしんぱい』

脚本:デヴィー・ムーア

内容:顔にぶつぶつがついた仲間を見たヘンリーは水疱瘡と勘違いし震え上がる。

 

【高評価点】

・ヘンリーのキャラ活用、そして彼の反応は子供との共通点を併せ持つ。

・言葉選びが上手くリズミカル。

・タイトルカードに伏線が多く残されている。

 

【低評価点】

無し

 

 

 

【このエピソードについて】

 米DVD『Whale of a Tale』で視聴する前に判明していたタイトルは「A Spot of Bother」でした。 ヘンリーと水疱瘡が関係するお話だということはタイトル判明の後に知りましたが、そのあらすじを知ってても知らなくても事前の情報では全く内容の想像がつきませんでした。

 

f:id:zeluigi_k:20150924124926j:plain

 私は2015年10月にこの記事を投稿した際に、ヘンリーの極端に過敏な描写と、客車を牽いたままバックで走行する事を強く非難しました。が、評価の基準と方法を改めてもう一度見直すと、それらが殆ど問題ないという事がはっきりしました。

 確かにやたら過度に心配性で昔の彼を知っていると違和感が際立ちます。しかし、ヘンリーといえば、昔から自分の知らない物に対して否定的な偏見を持ち、実際に直面すると極端な嫌がりを見せたり、恐怖します。例えば、ちょうど『TAB』でもリメイクされたS1『でてこいヘンリー』の雨や、S4『トンネルのなかのかいぶつ』のゾウなど。

ここが同シリーズの『ソドーとうのゆきおとこ』と大きく異なる高評価点です。

 

f:id:zeluigi_k:20150924124925j:plain

 このキャラ活用に加えて、初めて病気を見た子供との共通点を見出せると思います。そして今回では「水疱瘡は怖い物ではない」という教訓があります。これはメインターゲットの視聴者が実際に経験したり、周囲に水疱瘡にかかった人が現れるなどのシチュエーションで、きっと役に立つ事でしょう。

そして機関車の"顔"という概念には水疱瘡ができないという事実も判明しました。

 

f:id:zeluigi_k:20150924124924j:plain

 後退シーンは問題ありませんが、結構長いので少し滑稽で、私はあまり好きではありません。しかし、これには列車が逆走する危険性を強調しているようにも見えるので返って良いかもしれません。

責務を放り出した後の描写は無いところが唯一の不満です。

 

f:id:zeluigi_k:20150924125128j:plain

 テンポが良くコミカルなシーンが多くて楽しかったです。 とくにペンキ屋とゴードンのコントのような掛け合いや、自身の健康状態を示そうとする元気なハット卿はとても面白い。丁寧な描写をしたアニメーターに感謝です。

 

 

【チェックポイント】

f:id:zeluigi_k:20150924125130j:plain

  キーパーソン、脇役のキャラ選は良かったと思います。とくにエミリーやパクストン、そしてブッチ。大好きなブッチが出てきたのはもちろん嬉しかったけど、レッカー車としての役割をはたしていて尚且つ彼らによって物語が成立していることが凄く嬉しかったです。もしトラクターを引っ張り出したのがテレンスだったらトーマスの顔にぶつぶつは出来なかったことでしょう(笑)

近頃影が薄かった孫たちやウィンストンが喋ってくれたのも嬉しかった。ウィンストンでレールの旅、面白そうですね。私も乗りたい。

 

f:id:zeluigi_k:20150924231252j:plain

 この回では水疱瘡(chickenpox)に関する様々な言葉遊びがポンポン出てきます。我々日本人にはわかりづらいギャグになりますが、chickenpox(水疱瘡)とchicken(鶏)をかけたヘンリーによる勘違いだとか、パクストンがdiesels(ディーゼル機関車)とmeasles(はしか)をかけた冗談を言ったりと面白かったです。後者は実際シャレにならないが。

 

 

 全体的な面白さ:☆☆☆

鉄道らしさ:☆☆

リアリティ:☆☆

キャラ活用:☆☆☆

BGMの良さ:☆☆☆

アニメーション:☆☆☆

道徳教育面:☆☆☆

 

【最終的な感想】

 まさしく子供の為というべきエピソードです。勿論皮肉を言っているわけではありません。上記で語ったように、ちょっとした瞬間にこの教訓が役に立つ事が来るかもしれません。特に水疱瘡という選択が良かったです。

前にも言いましたがハチャメチャ展開は割と好きなので面白い場面がたくさんあって楽しかったです。イントロとパニック時のBGMがお気に入り。クラシック期のヘンリーのテーマアレンジも少し流れていましたね。

 

総合評価:9/10

※この記事に添付したスクリーンショット著作権は全てマテル社に帰属します。