Z-KEN's Waste Dump

きかんしゃトーマスオタクによる雑談

長編第12作の新キャラクター一部判明+S20情報 3月27日更新

今秋、英国と米国でDVDとBlu-rayの発売が予定されている長編『The Great Race』の関連商品の一部が、通販サイトAmazonで明らかになりました。

今回の記事では、そのTGRに登場する12台の新キャラの情報(※説明文の直訳)と商品のリンクを貼って紹介します。

 

・アシマ (Ashima)

 インド代表のタンク機関車。手伝うことに幸福を感じ何事にも恐れる表情を見せない、外観も性格も綺麗な女性。

ニルギリ山岳鉄道のクラスXがモデル。カルディー・フェル登山鉄道の機関車同様、ラックレールを走行できる車両です。車輪の上にまた車輪がある下回りが特徴的ですね。

商品: Take-n-Play木製レール

f:id:zeluigi_k:20160326051650p:plain

f:id:zeluigi_k:20160205110753j:plain  f:id:zeluigi_k:20160129210220j:plain

 

ビニー/ヴィニー (Vinnie)

 カナダ代表の大型テンダー機関車。車体番号「6407」。頑固(?)で競争心が強く、付き合うのが難しいので仲間は必要なときに手を貸す。

グランド・トランク・ウエスタン(現カナディアン・ナショナル)鉄道の6407号がモデル。同車体番号の実機は1959年に解体、廃車にされました。

"tough demeanour"が正式にどの意なのかは不明ですが、商品名が"Big Angry Engine"なので頑固、柄の悪い、乱暴者とかその辺なのかな。

商品: Take-n-Play木製レール

f:id:zeluigi_k:20160129210219j:plain

 

ラウル (Raul)

 ブラジル代表の縦型ボイラーの蒸気機関車。短気で活気あふれる性格。強くて機敏。ブラジルの伝統的な色で塗装されているのが特徴。

サンパウロ鉄道カンパニーで入換え機として働くセンチネル8398番166号、またはセンチネル8399番167号がモデル。ローガンに似ていますがキャブの大きさなどが異なります。スクラフ、ゲイター、ローガン同様センチネル製なので実質イギリス生まれの機関車です。

商品: Take-n-Play(※イワンと混同されています)

f:id:zeluigi_k:20160326051757p:plain

 

アイヴァン/イワン (Ivan)

 ロシア代表のディーゼル機関車。ロシアの伝統的な色で塗装されている彼の仕事は入れ替え作業であるにもかかわらず、競争する気満々のようだ。

商品: Take-n-Play(※ラウルと混同されています)

 

ジーナ (Gina)

 イタリア代表のタンク機関車。

FNM(フェッロヴィーエ・ノルド・ミラノ)社200号がモデル。

商品: 木製レール(トーマスとのセット)

f:id:zeluigi_k:20160129210214j:plain

 

フリーダ (Frieda)

 ドイツ代表のテンダー機関車。車体番号は「409」。

DB(ドイツ連邦鉄道)クラス10がモデル。

商品: 木製レール(※説明文に誤記あり)

f:id:zeluigi_k:20160129210213j:plain

 

アクセル (Axel)

 ベルギー代表の機関車。

 

・カルロス (Carlos)

 メキシコ代表のテンダー機関車。車体番号は「903」。いつも笑顔を絶やさない、誇り高き蒸気機関車

NdeM(メキシコ国鉄)クラスGR-3「ラ・フィデーリタ」がモデル。ポーターと同じくボールドウィン(アメリカ)製の機関車です。後述のヨン・バオがカラフルな車体に対し彼カルロスは色も番号も実機そのままのデザインですね。同車体番号の実機は1910年に製造され、現在はグアナファトのアカンバロで静態保存されています。

f:id:zeluigi_k:20160326052000p:plain

 

ヨン・バオ (Yong Bao)

 中国代表のテンダー機関車。煙突部分に飾られた龍のようなデザインのエムブレムが特徴的で中国の伝統的な色で塗装されている。

中国国鉄人民型蒸気機関車がモデル。牽引力が2,222kW(時速66kmに達した時は2,670kW)という強大な力を持つ、旅客列車用の大型機関車です。

f:id:zeluigi_k:20160326051847p:plain

 

 

とりあえず現段階では以上になります。新キャラクターはあと4台いるようですが、これからこの時期どんどん情報が入ってくると思うので、情報を更新していきます。予告編が出たら別の記事でまた改めて紹介したいと思います。

f:id:zeluigi_k:20160210204803j:plain

2月10日より、前々回紹介したトラックマスターのフライング・スコッツマンの画像が明らかになりました。こちらはまだAmazonにはありませんがそのうち発売すると思われます。

いよいよスコッツマンが登場すると思うと非常にワクワクします。出番があるかは不明ですが。本物の方も運転を再開したようですし、いい機会です。

 

余談ですが、ヴィカーズタウン駅が遂に登場する兆しがあり、ファンの間から期待が寄せられています。(リンク)

他にもゴードンが流線型にされそうになったりトーマスが跳ね橋で跳んだり(?)するなど今年の新作もぶっ飛んでることが予想されます。早く予告編が見たいなぁ。

f:id:zeluigi_k:20160205110754j:plain f:id:zeluigi_k:20160212122836j:plain

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

少し話が変わりますが、追加情報をお知らせします。今年放送予定とされる第20シーズンに登場する新キャラクターの名前が、脚本家リー・プレスマンによって少し明らかになりました。

その名もブレーキ車のブラッドフォード (Bradford)

リー・プレスマン脚本の「Bradford the Brake Van」というお話に登場するそうです。*1

本土からやってきたブレーキ車らしく、S02に出てきた意地悪なブレーキ車ではないそうです。性格、設定共に現在は不明です。

S20にはSLOTLTに登場したライアン、デイジー、ドナルドとダグラス、などが登場するほか、ヒット・エンターテインメントの依頼によりTTTE総合ファンサイトSiFで一昨年実施された、"再登場してほしいキャラクター"のアンケート結果が反映されるとのことです。SLOTLTに登場したキャラを除けばボコ、デューク、テレンスなどが上位でしたが、果たしてどのキャラクターが再登場するのでしょうか。

今年は長編、短編共に大変賑やかなシーズンになりそうですね。楽しみです。

では。

*1:プレスマン氏は他にもシドニーが主人公の「Sidney Sings」や、ヘンリー、ディーゼルが主人公の新エピソードも書いたと発表しています。