読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Z-KEN's Waste Dump

きかんしゃトーマスのレビューとかやってます

きかんしゃトーマス 第14~16シーズンレビュー 7

※あくまで個人的な意見です。

 

※ネタバレ注意

 

 

S14 E9 「ビクターはおおいそがし」(Victor Says Yes)

脚本:Denise Casser

内容:今日のソドー整備工場には修理が必要な機関車がたくさんいた。役に立ちたいビクターは誰を先に修理をするか混乱してしまう。

【高評価】

・ハリーとバート、12シーズン以来の登場。フルCGで復活。(ただし顔面崩壊ww)

・さすがビクター。考えることは大人。

 

【低評価】

・ケビン、おかしな失敗をする。(急に揺れだす等)。

 

【その他】

・ビクター主役回。

・ビクターの一人称は「俺」→「私」に固定っぽい。

・ハット卿「役に立つ機関車は最高の仕事をする。最高の機関車だからな。」

・ハリー「俺たちは最初に来たんだぞ!」

・ビクターの行動により、ケビンが失敗を連続。

 

総合評価:6/10

 

 

S14 E10 「はたらきもののきかんしゃ」(Thomas in Charge)

脚本:Mark Daydy

内容:トーマスは鉄道調査官に自分達が"働き者の機関車"であることを見せる為、奮闘する。

【高評価】

特になし。

【低評価】

・衝突した貨車、倒れずにパーシーと共に固定。

・これでいいんかい。

 

【その他】

・トーマス「貨車を押すなら僕にお任せ!一生懸命休まずやるぞっ!!」

・トーマスのせいでパーシーとメイビスが仕事に遅れをとり、港で混乱を招く。

・鉄道検査官、煤だらけになってもすらすらと調査を進める仕事マン。

・ハリーとバート、笑ってないで働けw

・トーマス「働き者の機関車は最高の機関車だからね」

 

総合評価:2/10

 

 

その他

・今日のキャラクター紹介はビクター。BGMは前回同様。(但し、イントロの後いきなりサビが流れる)

 

 

う~ん、今日もちょっと微妙だったかな~?

次回は「パーシーはパーシー」と「トーマスがおてほん」が放送されます。

今回の「はたらきもののきかんしゃ」は「~charge」の方でしたね。という事は次回の「トーマスがおてほん」は「Jumping Jobi Wood!」かもしれません。それとも、「Thomas' Crazy Day」だったりして。どちらにしろダッシュ、バッシュ、ファーディナンドがテレビシリーズに初登場する回ですね。

ダッシュとバッシュの声優がついに明らかになりますね。

 

では。