Z-KEN's Waste Dump

きかんしゃトーマスオタクによる雑記

きかんしゃトーマス 第18シーズンレビュー 12

※この記事にはネタバレが含まれています。

 

 

 

f:id:zeluigi_k:20140909234659j:plain

S18 E15 「Marion and the Pipe」 (ショベルきかんしゃマリオン)

脚本:マーク・ハッカービィ&ニック・オストラー

内容:マリオンは土手の工事中、不本意にバケットが水道管の一部に衝突する。

 

【高評価点】

・内容は地味だが、ところどころに緊迫感のあるシーンが多く、焦りの臨場感を味わえる。BGMもかっこいい。

・マリオンの考え方が妙に人間臭くて面白い。

・大岩を掬いたくてもうまく掬えない焦りがリアル。

 

【低評価点】

・大岩にぶつかっても凹まないバケット。

・破裂した水道管は埋めなおすよりも取り換えた方がいいのでは…。

 

【面白かった点、小ネタ】

・マリオン、TVシリーズ初登場兼主役回。

・冒頭のBGMはS08~12で流れた劇中テーマのアレンジ。

・マリオンの長話を避けようと、音を立てずに走ろうとするパーシー。

・パーシーの窓に一瞬だけ黒い点が入る(CGミス)。

・マリオンのバケットがゴードンに衝突しそうになる。

古代ローマの通貨、マンモスの化石、海賊の宝物を掘り当てたことがあるマリオン。

・何事もなかったかのようにおしゃべりを始めようとするマリオン。

・彼女の話に興味がないゴードン。

・木陰で休憩する作業員たち。

・マリオンの話が好きなトーマス。

・身振り手振りをするようにバケットを動かしておしゃべりをするマリオン。

・水道管を打つ不注意なマリオン。

・珍しいものばかり掘り当てているせいか、一般が思い当たるものを考えられず、バイキングロングシップのマストだと考えるマリオン。

・一般的なトーマスは水道管と考え、心配する。

・トーマスが去った後に水道管破裂。

・証拠隠滅を図るマリオン。

・TOTBのワンシーンが一部編集されて使いまわされる。

・ティモシー、TVシリーズ初登場。

・トーマスのブレーキ車が消えているシーンがある(CGミス)。

・マリオンのバケットに何が入っているかあてっこゲームをするビルとベン。その答えはいつも泥。

・昨日のことをよく覚えていないマリオン。

・海賊の宝物と聞いて目を見開き、ロングシップと聞いてしかめるビルとベン。完全にネタキャラ。

・厚い粘土で誤魔化そうとする不真面目なマリオン。

・トーマスが焦ってる中、フェンランドで自分の好きな泥を見つけ、立ち止まるマリオン。

・石をコレクトしているマリオン。

・トーマスたちが立ち去ろうとした瞬間地鳴りが起き、土に埋もれた水道管から水が噴射。

・大岩と泥が線路をふさぐシーンは、拍子抜けする程度にシュール。

・スタンドを初めて使うマリオン。

・マリオン「フォア!」

・ゲームで不意打ちをかけるマリオン。

 

f:id:zeluigi_k:20140909234658j:plain

 マリオン、TVシリーズに初登場。彼女はおしゃべりで、掘削作業が大好きな性格の、線路の上を走るスティームシャベルカー。自慢のバケットを手のように動かして働く。アメリカのマリオン社のスティームショベルがモデル。アクターはオリヴィア・コールマン。

 

f:id:zeluigi_k:20140909234657j:plain

ソドー陶土採掘場(クレイ・ピッツ)、TVシリーズでも再登場。ちなみにこのシーンはTOTB冒頭の遣い回し(そこにトーマスの貨車が追加し、奥の線路を走るビルとベンが消され、背景や煙も変更)。

 

 

【流れと感想】

  シーズンも中盤。このあたりから長編のキャラクターが続々登場し主役になるのは前期同様、お約束。今回は「Tale of the Brave」に出てきた鉄道用スティーム・ショベル、マリオンのお話。特に期待は抱かずに待っていました。

 

 本線脇で土手を工事するマリオン。バケットいっぱいに土を掬い、穴を掘っていく。でも何の工事なんだろうな。マリオンじゃなくジャックら重機を使えばいいのにという元も子もないツッコミは禁句。そんなマリオンは穴を掘ることが好き。過去に掘り出したものについておしゃべりするのも好き。多くの機関車はそんな彼女を鬱陶しいと思っているようだけど、興味あるよね。真相は不明だけど、何気にすごいもの掘り起こしてるんだよな。マンモスの化石やら、ローマの通貨やら、海賊の宝物などなど。まるで某港のディーゼルのようにたくさんの冒険をしてきてる。もう古い車両だし、いろんなところを回っていてもおかしくはないだろう。

f:id:zeluigi_k:20140909234656j:plain

着々と作業を進めるマリオン。そこへゴードンが急行列車を牽いて真ん中の線路を走ってくる。目の前では何故かマリオンが自分の線路へショベルを動かしている。あわや! ゴードンはギリギリで急停車。おうおう、序盤からいきなりハラハラさせやがるじゃないか。やっぱり重機でやったほうg(ry

やがてほとんど工事が完了。作業員は一足先に木陰で休憩。殆ど作業してないようにも見えるけど、気持ちよさそうだ。そこへ友達のトーマスが、マリオンの前で停車。トーマスは彼女の話が好きなようで、海賊の宝箱を掘り出した時のお話の続きを聞きに来たらしい。マリオンはショベルを身振り手振りをするように揺らしながら話を始める。すると彼女のバケットが土に埋もれている筒状の何かに激突。マリオンはその筒状の何かをロングシップのマストだと考える。いつも珍しいものばかり掘り当てているせいか、一般が思い当たるものを考えられないのかもしれない。もちろん一般的なトーマスはそれを水道管だと思い、心配になりつつも、先を急いでその場を離れる。

トーマスが去った途端、その筒状のものから水が噴射。彼の読み通り、それは水道管。焦った彼女は誰も見ていないことを確認すると、急いで土をかぶせ、バケットで土を慣らすと、知らんぷり。証 拠 隠 滅。この行動、ものすごく人間臭くてなんか好きです。同時にチャガ臭もする(笑)

 

そう簡単に事が済むわけもなく。次の日トーマスが土手を確認すると、水がチョロチョロと溢れ出しているではないか。このままでは危険だと踏んだトーマスは急いでマリオンの元へ。トーマスはマリオンと違って真面目ですね。本線のわきだから、確かに何かあると大参事だろうしなぁ。

マリオンが当てっこゲームをしていたところにトーマスが慌ててやってくる。マリオンは知らないふりをしたり、綺麗な粘土を見つけて誤魔化そうとするも、結局トーマスについていく。その後もフェンランド・フィールズで泥を見つけて立ち止まったりと、やっぱり役に立つ云々より、掘ることがとても好きなんだろうなと見て取れる。トーマスが生まれる前から掘り続けていそうだし、土のことに関しても詳しそうだ。

f:id:zeluigi_k:20140909234654j:plain

彼らが土手に到着すると、おかしなことに水が噴き出ていない。立ち去ろうとしたその瞬間、地面が揺れだし、凄い音を立てて溜まっていた水が噴射。周りの土が崩れ落ち、トーマスが「危ない」と叫ぶ。すると、泥の塊と大きな岩が溢れ出し、線路をふさいでしまった。

このシーンはかなりシュール。だって、ズドドドドドドドと来て「危ない」と叫んだら、その次のシーンはきっと溢れ出した泥がバッシャーンって、周囲の線路だけでなくトーマスとマリオンにもかかるんだろうと身構えてたら、ズザーなだけだったっていうこの拍子抜け。思わずズコーでした(笑)

一見大したことのない事故だが、危険を知らせるためにトーマスはバックでクレイピッツ方面へ戻る。ところが、ゴードンが急行列車を牽いて中央の線路を駆けてくるではないか。しかもその線路には大岩が! マリオンは精いっぱいバケットで大岩を掬おうとするが、掬いたくてもなかなか掬えない。募る焦り。そして、マリオンの取った行動とは…?!

 

 

 ちょっと地味な印象だけど、まさにマリオンにとっての「Tale of the Brave」と言えるような回でした。

粗筋にバイキング船の文字を見かけて、ソドー史に関わる何かだと思い込んでいただけに、結局マリオンの勘違いに終わったのは少しがっかり。それでも始終緊迫感があり面白かったです。さほど大問題というわけでもないけどw 物語に直接関係はないけど、マリオンの長話を軽くあしらうパーシーや、ネタキャラ扱いのビルとベン、当てっこゲームの流れにはクスッときました。

今起きてることよりも他のことに興味をそそられて、不真面目な印象を与えがちだけど、なんだかんだでいい奴でしたね、マリオンは。彼女は色こそ地味だけど性格は濃いし、鉄道用のスティーム・ショベルっていろいろ活用できる気がするし、今後ももっともっと活躍してほしいなと思いました。

 そういえば、クレイピッツの貨車はてっきり緑色だけなのだとばかり思っていたけど、バリバリ赤貨車出てましたね。やっぱ色に関係はないのか…。ちょっと安心。

 

 

総合評価:6/10

 

 

次回は「Tale of the Brave」に登場した新キャラクター、ゲイターも一応登場する、

パーシー主役回の「Missing Gator」です!